有限会社オフィス・マリ(Office Mari)

市場調査

Marketing Research

市場調査とは統計学の方法をもとに、心理学、社会学、経済学などを駆使して、消費者の要望や実態を分析研究し、メーカーやクライアント(調査依頼者)に橋渡しをするものです。 オフィス・マリでは、このような研究の最も基礎的資料となる、消費者の実態や要望を、各種調査方法(アンケートなど)で収集し、消費者みなさまのご意見を社会に反映しています。

調査フロー

市場調査は、お客様のマーケティング上の様々な課題をお聞きした上で、調査企画書を作成し、調査の課題、調査方法、調査設計、 調査期間や調査費用(お見積もり)等から構成されます。

1.課題の提示
マーケティング上のどのような点に課題があるのか、またどのような情報が欲しいのかなど、お客様の立場に立って企画書を作成するための情報をお聞きします。
↓
2.企画書の作成
必要な情報や課題をクリアするためにどのような調査方法や費用など、調査の設計をします。
↓
3.調査開始
企画書の内容に沿って実際の調査を行います。
↓
4.調査結果の報告・提案
実際に調査した結果を報告書にまとめ、報告します。また、その結果に対する分析や検討を行い、ご要望次第で新たなマーケティングの戦術や立案などをさせて頂きます。その結果新たな調査が必要な場合、追加調査も可能です。

実績・業歴

<近年の調査実績> 
※豊富な調査経験・実績があります

グループインタビュー調査

  • 3グループの異なる属性の主婦を対象とした、まちなか及び普段の消費行動についてのグループインタビュー調査。主婦が市内中心部に求める機能、ふだんの買い物に対するニーズを抽出。
  • 3グループの異なる属性の主婦を対象とし、様々なチラシ広告についての評価を求めるグループインタビュー。見やすい・見たいと感じさせるチラシ広告のデザインとは、主婦がチラシに求めているものは何か、ニーズを抽出。

街頭アンケート調査

行政の依頼による、約3,200件の個人・および事業所を対象とした郵送アンケート調査の実施・集計・分析。(回収2,086件)

グループインタビュー調査

  • 独立行政法人の依頼による、市内繁華街での街頭アンケート調査の実施・集計・分析(636票回収)
  • まちづくりコンソーシアム事業での市内繁華街での街頭アンケートの企画・実施・集計・分析(518票回収)
  • 公・民・学(愛媛大学・松山大学・東雲女子大学)連携の社会実験事業でのアンケート調査の企画・実施・分析(412票回収)

通行量調査

  • 市内の定点で行う定期的・長期的な通行量調査の実施・集計・分析
  • イベント時の通行量をはかる長期的な通行量調査の実施・集計・分析

留め置き調査

標本(サンプル)調査
最大規模 28ポイント
最多サンプル数 500サンプル
調査の内容 金融商品・自動車・住宅・情報機器・携帯電話・通信機器・飲料・乳製品・食品・ 医薬品・健康・旅行・趣味・娯楽・ペット・くらしに関する意識調査・生活実感・ 政治・経済・企業イメージ・くらしについてのオムニバス・介護施設実態・事業所実態・機具所有実態・機具設置実態・家庭介護実態・商品ホームユーステスト など
調査品質 どの調査も、60%以上の回収率をキープしています。
割当調査
最多サンプル数 1088サンプル
調査の内容 12歳以上の男女、年代割付あり など
携帯電話保有者・住宅取得者・インスタント食品利用者・浄水器保有者・カード保有者・自動車保有者・農薬使用者・海外旅行経験者・タイヤ購入者 など

面接調査

最多サンプル確保数 5265サンプル
調査の内容 自動車・寝具・宝飾品・調理器具・化粧品・洗剤・大人用紙おむつ・食品、嗜好品利用者・カード利用者・ペット所有者・病気保有者・SSクレンリネス・結婚後1年未満の人・メンバー、会員 など

ミステリーショッパー調査

最大規模 241サンプル
調査の対象 携帯電話販売店CS・金融機関CS・SSサービス・自動車ディーラーCS・住宅展示場CS・スーパーマーケットCS など

店頭・店舗調査

最大規模 91店舗
サンプル数 2万票余
調査の対象 アミューズメント施設・フードチェーン店・ショッピングセンター・スーパー など

CLT調査

最大規模 490サンプル
調査の対象 携帯電話所有者・缶飲料試飲・乳飲料、乳製品試食・ビールCF評価・飲料CF評価 など

企業インタビュー

最大規模 82サンプル
調査の対象 工事店・電材店・コンピューター販売会社・運送会社・建築業・測量会社 など

電話調査

最大規模 1610サンプル
調査の対象 食品広告認知率、評価・墓地広告認知率・視聴率

個人情報について

当社の品質管理基準

当社はマーケティング・リサーチ協会の品質管理基準に従った品質管理を行っております。
また徹底した調査員教育も行っております。
調査時に使った対象者名簿など個人情報が記載された書類も調査終了と同時に溶解またはクロスシュレッダー処理を行っております。
調査中も徹底した管理をしておりますので、外部に漏れる事は絶対にありません。
直接対象者のご意見をお伺いする調査員は全員に守秘義務を遵守させております。
調査によって得た結果につきましても、すべて責任者のみが扱い、皆様のご意見を統計的に処理させていただきます。

pagetopへ

Copyright Office MARI All Rights Reserved.